糖尿病になると口臭がする?原因と対処法について

口臭は糖尿病の始まり!おかしいと思ったら即検査

体臭の発生源

体臭の原因は、皮脂や汗によるものです。しかし、分泌されたばかりの皮脂や汗は無臭なので、強烈な臭いに発展することはほぼありません。しかしあることが原因できつい体臭を引き起こすことがあります。

口臭が独特な人の特徴

医者と看護師

甘酸っぱい臭いがする

糖尿病によって、ケトン体が体内で作り出されるのが甘酸っぱい体臭がする主な原因です。また、膵臓から分泌されるインスリンが不足するため、代わりに脂肪とタンパク質を分解するたののエネルギーが確保されます。これによりケトン体はさらに増え、体臭や口臭がきつくなります。

カビ臭い人は要注意!

口臭がかび臭い、またはにんにく臭がする場合は肝機能の低下が疑われます。口内が苦いと感じたら注意が必要でしょう。

肝臓障害によるアンモニア臭

肝臓機能が低下すると、尿毒症の影響でアンモニア臭を出すことがあります。口臭がそのような臭いの場合は、体に異常が出ている証拠なので、早急に検査をしなければなりません。

糖尿病になると口臭がする?原因と対処法について

医者

口臭を防ぐ方法

糖尿病や他の病が影響する口臭は、とても独特な臭いがするため、時には周囲に迷惑をかけることがあります。過剰な食事をなるべく避ける、運動を取り入れる、質の高い睡眠をとるよう心がけるなど、口臭を防ぐ対策を実践することが大切です。

相談

人工透析も忘れずに

糖尿病が進行すると、腎臓が末期状態に陥りほとんど機能しなくなります。それを助けるのが、人工透析となります。糖尿病患者の場合、通院が必要になるため通いやすいクリニックを選定しましょう。

早めの治療が肝心

糖尿病はほとんど自覚症状がないので、発見した時はすでに手遅れ状態である場合がほとんどです。口臭を指摘された場合は、早めに治療を開始して健康を取り戻しましょう。

広告募集中