下肢静脈瘤ってどんな病気?知識を深めて予防に努める!

下肢静脈瘤の症状や治療法とは?症状に悩んでいる人はチェック!

考えられる原因

足の静脈に流れる血液が逆流し、つま先に血液が溜まってしまうためです。中でも下記のような方は下肢静脈瘤になる可能性があります。

症状が出やすい人

  • 立ち仕事が多い
  • 妊娠している
  • 家族で患った人がいる

下肢静脈瘤ってどんな病気?知識を深めて予防に努める!

病院

下肢静脈瘤特有の症状

初期の段階では、足のむくみやだるさ、重さが多く出ます。症状が徐々に進行すると、足にある細い血管が浮き出てくるでしょう。そこからさらに進行して、太い血管が浮き、瘤となります。治療しなくても特別問題はないですが、皮膚炎や色素沈着の原因になることもあります。

看護師

間違えやすい症状もある

足のむくみやだるさなどの違和感は、必ずしも下肢静脈瘤と断定できません。足のしびれ、冷え、痛みなどは、別の病気が潜んでいる場合もあります。

ハート

自然治療は可能?

血管がポコポコした状態なので、見た目を気にしなければ特別治療をする必要はありません。また、自然に治ることはないため、どうしても気になるようなら専門クリニックでの治療をおすすめしています。

クリニックで行なわれる治療について

カウンセリング

理学療法を用いる

病気の進行を遅らせる方法の一つに理学療法があります。ウォーキングや水泳で体を動かすと血流が改善され、下肢静脈瘤独特の症状を緩和させられます。主に初期段階で活用されています。

硬化療法を取り入れる

血液の固まる薬剤を静脈に注入して、瘤のある部分を塞ぐ方法です。網目状静脈瘤といった比較的軽い症状で使われますが、再発する確率が高いため他の治療法と併用されることが多いです。

弾性ストッキングの着用

下肢静脈瘤の進行を遅らせる治療には、弾性ストッキングの着用が求められます。ストッキング自体が、血流の逆流を阻止する作りになっているため、症状の軽減が期待できます。

手術で改善を図る

下肢静脈瘤の治療には、ストリッピング、レーザー、ラジオ波などが用いられます。10年ほど前から行われているのは、瘤がある部分を引き抜く手術で、全身麻酔及び一週間程度の入院が必要でした。今は、技術の進化に伴い日帰りでの治療が一般的です。

広告募集中