介護

介護業界の新たな食品

介護業界で注目されているあらたな食品の1つにソフト食と呼ばれる介護食があります。この食品は現在通販でも気軽に購入できる他、メニューも様々なジャンルから選び出すことができます。

Read More

工夫するための手段

この介護保険請求ソフトを導入すれば、請求業務が楽に行なえますよ!事務処理を円滑に行ないたい企業様にオススメです。

日常生活における高血圧の食事療法

高血圧の治療には食事療法が必要不可欠です。塩分を控え栄養バランスの取れた食事を心がけることが重要です。具体的には、塩分は1日に6g〜8g以内の摂取量を目安とした方が良いでしょう。日常生活では、加工食品を控えめにして、新鮮な素材の味を活かした食事をすることです。加工食品には保存目的の為、塩分が比較的多めに入っています。これらの食品の代わりに新鮮な野菜等を使い、味がどうしても薄いと感じるならば、病食でも取り入れられている酸味を利かせる工夫も素晴らしい食事療法です。また、高血圧の食事療法と言われても、外食になりがちな方はなかなか難しいものです。そこで、メニューの塩分表示を見て考慮したり、ラーメン等の汁は残すようにします。 高血圧の方は、血圧を下げる作用があるといわれるカリウムが豊富な果物も1日に1個を目安に摂ると良いでしょう。このように高血圧の食事療法は日々の生活の中にできるものがたくさんあります。

高血圧の食事療法とは

高血圧の人たちは普段の食事療法を変えて、血圧を安定させる必要があります。 その数値にもよりますが、高血圧は命をも脅かす恐ろしいものであり、塩分を減らしたり高カロリーや高コレステロールの食事を控えるなどの配慮が必要です。 最近では高血圧の人の為の食事療法の一つとして血圧を下げる効果をうたった健康補助食品がよく売れています。その代表的なものが、緑茶やウーロン茶をベースとした飲み物です。小さなペットボトル1本で約200円という値段は普通の清涼飲料水に比べ高いのですが、売り出された当時から高い人気を得ました。いかに高血圧の食事療法に興味がある人が多いのかが伺えます。それからはレストランや介護食に至っても血圧対応の食事療法が取り入れられ、市場はどんどん拡大しています。